家

屋上から雨が侵入してこないように防水加工を施そう

業者によって違ってくる

傘と家

使う材料によっても違う

大阪で防水工事をする時には、費用の相場や準備するものなど、いろいろと情報を収集しておくことが大切です。まず、大阪の防水工事業者を探します。たくさん見つかるので、評判のいいところや実績のあるところを挙げてみましょう。そして、それぞれに見積もりを出してもらいます。そうすれば、とりあえず費用は分かるはずです。また、業者によってバラつきがあるため、よく比較しましょう。それから、使う材料によっても費用は異なります。ウレタン防水とシート防水とでは、シート防水の方が少し高めです。もちろん、どの部分を防水するのかによっても、適切な材料は違ってきます。ウレタン防水ならどんな複雑な形状の箇所にも適しているので、一般的です。一方、シート防水は屋上に施されることが多くなっています。大阪の業者の中では、使う材料よりも寿命を重視するところもあります。そのため、一度、防水工事をすれば安心というわけでもないのです。耐久年度の目安があります。例えば、ウレタン防水の寿命は10年から15年程度、シート防水は10年から20年程度となっています。もちろん、どちらも6、7年ごとにメンテナンスが必要です。なぜなら、箇所によっては雨風のさらされ方がひどくて、この寿命よりも前に加工し直しをした方がいい時もあるからです。このように、大阪で防水工事をするのなら、いろいろと情報を収集してから決めましょう。また、最近は屋上だけではなく、ベランダや外壁、屋根といった箇所も防水工事をすることがあります。そうすると、費用は100万円以上、余裕でかかります。