作業者

屋上から雨が侵入してこないように防水加工を施そう

雨漏りを起こしやすい

屋根

メンテナンスが必須の箇所

以前、屋上がある建物と言えばビルやマンションがほとんどでした。ですが、今ではデザイン性の良さなどから、屋上のある一般住宅が増えています。屋上がある事でバーベキューが出来るなど、ライフスタイルが充実するとして、屋上つきのマイホームを選ぶ方が多いのです。通常の屋根は台風などでダメージを負うなどして、葺き替えるなどのメンテナンスが必要です。平らな屋上であれば風によるダメージも無く、メンテナンスは不必要というイメージがあります。しかし、実際は平らな屋上もメンテナンスは必要です。なぜなら、雨や紫外線の影響を直接受けてしまう箇所だからです。通常の屋根よりも平らな屋上は、雨水が溜まりやすく塗膜が劣化していると、雨漏りしやすい状態にあります。また、紫外線のダメージもダイレクトに受けてしまうので、防水機能を持つ塗膜が劣化しやすいのです。防水性が落ちてしまうと、床面にひびが入るなどして本格的な雨漏りに繋がってしまいます。雨漏りが酷くなると家を支える、構造自体が湿気で腐ってしまうので、屋上もメンテナンスが必要なのです。メンテナンスとしては防水工事を行うのが基本となります。塗装会社、特に防水工事を専門に行っている業者に相談するようにしましょう。一般住宅の屋上に行う防水工事には、塗料を塗る方法とビニールシートや、ゴムシートを貼るといった方法が主に行われています。このうち、一般住宅ではウレタン塗料を塗る工法がポピュラーです。

傘と家

業者によって違ってくる

大阪で防水工事をするのなら、業者の選び方が大切です。見積もりを取り、よく比較しましょう。防水工事の箇所や使う材料によって費用は異なります。工事をするにも耐久年度も違ってくるので、よく確認しましょう。また、メンテナンスも必要です。

ベランダ

良い業者を見分けるには

ベランダの防水工事を行いたいという場合は、業者選びをしっかり行う必要があります。選定する際は、現地調査を確認しましょう。現地調査を適当に終わらせて、契約を迫る業者はおすすめ出来ません。優良業者であれば現地調査は丁寧で、しかも無料で行っています。

作業員

シートでの施工

屋上の防水工事には、シートを貼っていく工法もあります。シート工法には塩化ビニールシート工法と、ゴムシート工法の2種類があり、どちらも工期が短い・価格相場が安いという点がメリットです。今では塩化ビニールシート工法の方が、ポピュラーに行われています。